引越しトラック 道路の幅

引越しトラックと道路の幅

引越し トラック 道幅

 

引越しで使うトラックの大きさはいろいろあります。

 

大きいトラックなら荷物が入り切らないという心配がないので安心ですが、大きいトラックは小さいトラックよりもガソリン代などの経費がかかるので高額になります。

 

荷物が入り切るちょうどいいサイズのトラックがオススメです。
しかしトラックの大きさを決めても、物件に面する道路の幅によっては使用できないことあります。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

このように大きいトラックの場合はそれなりの広さの道路が必要です。

 

大きいトラックが必要なのに使えない場合は、トラックをすこし離れたところに停めて台車で往復するか、小さいトラックを複数使用するなどの対策を考えなくてはいけません。

 

どうするのがベストなのか、引越し業者t協議して決めて下さい。