近距離 引越し 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミ

近距離 引越し 粗大ゴミ

 

ついつい捨てるのが億劫で家の中の置き去りにされている粗大ゴミはありませんか?

 

引越しはそんな粗大ゴミを処分する大チャンスです。
しかし粗大ゴミを捨てるのは燃えるゴミを捨てるのと違って手間もお金もかかります。

 

ちなみに粗大ゴミは、一辺が50センチ以上、重さが10kg以上のもの、ガスコンロ・石油ファンヒーター、石油ストーブ、オーブンレンジです。
このサイズのゴミは燃えるゴミや燃えないゴミのように出す事はできません。

 

ただし、家電リサイクル法で定められた家電は粗大ゴミとはまた違う処分方法があります。
家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
これらを処分したいときは、家電を購入した家電量販店に連絡をして有料で引き取ってもらう必要があります。

 

新しく買い替えをする場合は、その家電量販店で処分してもらえるか確認しましょう。
家電を購入したお店が近くない、閉店したなど事情がある場合はお住いの自治体のリサイクルセンターに相談してください。

 

さて粗大ゴミを処分するには、有料で回収に来てもらうか、自分で運ぶかのいずれかの方法で処分できます。

 

まず粗大ごみ処理施設(リサイクルセンターやリサイクルプラザなど名前は自治体によって異なります)に電話をかけ、回収日を予約します。
次にスーパーやコンビニで売ってある「粗大ゴミシール」を買います。
このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収にきます。
粗大ゴミシールは粗大ごみ1個につき1枚必要で、貼ってないものは回収してくれません。

 

自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設に電話で予約します。
処分したい粗大ゴミの名前や個数を聞かれますので、言い忘れないようにメモなどを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。