近距離 単身 引越し

近距離の単身引越しの費用の目安が知りたい!

近距離の引越し費用目安

近距離 引越し料金 目安

近距離 引越し 単身 費用 安さ

引越し 費用 格安

近距離 引越し 費用 激安

引越し 料金 目安

 

 

引越しの費用は結構かかります。
新居の物件を契約するのにかかるお金、荷物を移動するお金、そして粗大ごみを処分するお金などちょっと家財を動かすだけでも大出費です。
これが近所への引越しならまだいいのですが、遠くへの引越しともなると数十万円単位になることもあります。

 

近距離単身の引越し費用はできるだけ抑えたいと思いませんか?

 

それならまず引越し業者一括見積もりがおすすめです。

 

引っ越し 費用 目安

 

引越しの費用は荷物の量、引越し距離、物件の階数など様々な要因によって変わるので、あなたと全く同じ条件で引越しする人を探すのは不可能です。

 

ですからあなた自身の引越し費用が高いのか安いのか判断するには、複数の業者から見積もりを取って比較するしか方法がありません。

 

引越し業者一括見積もりには、全国にある大手引越し会社から地元の小さな会社まで200社以上が参加しています。
だから自分で近所の引越し会社の連絡先を調べて連絡して来てもらって見積もりを依頼するという手間をかなり省くことができるのです。

 

しかも運んで欲しい家財、物件の情報などを1度入力するだけでお住いの地域に対応できる引越し業者、最大10社からの見積もりを取ることができるのです。

 

引越し費用の目安だけでなく、最安値の業者を見つけるのも簡単です。
そしてサービスや対応の良さなども考慮して1番良い引越し業者をお選びくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

近距離の引っ越し費用を安くする方法

 

引越し費用目安

 

引っ越し費用、結構高額になるので少しでも安くしたいけど具体的にどうすればいいかわからない。
引っ越し費用は、荷物の量に比例して高くなりますので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。

 

さらに3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できるのであればこの時期は避けたほうがいいです。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 
準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

 

同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

見積もり書と契約書にご注意

 

引越し費用目安

 

引越しの際に出される書類には、見積もり書と契約書があります。

 

見積もり書は「引越し業者が出した引越し費用の内訳が記載されていて引越し料金の根拠となるもの」です。法的なものではありません。

 

それに対して契約書であった場合はうっかりサインしてしまうと、契約したとみなされて解約の際にキャンセル料が発生することも有り得るものなのでご注意ください。
引越し業者に出された書類がどちらなのか、サインをする前にしっかり確認してくださいね。

 

トラックのサイズは荷物の量によって決まり、荷物が多い場合は大きなトラックが必要です。
ここで見積もり書で「積み切り」になってないかの確認をしてください。
積み切りというのはトラックに載せられるだけ載せますが、入りきらなかったものは自力で運んでくださいということになります。

 

荷物は「全積み」での契約になっていることを必ず確認してくださいね。

 

他にもアンテナやエアコンの移設、不用品の処理などはオプションなので依頼があった場合のみ行われます。
最近はマンションに備え付けのエアコンもありますので、引越し業者は依頼がなければそのまま置いて行きます。
案外忘れがちなのがウォシュレットの移設で、自分で買ったものなら新居にも持って行きたいですね。

 

引っ越しスタッフの人数ですが、2トントラックであれば通常2人で来ます。
しかしエレベーターがない物件やトラックが物件い横付けできない場合は時間がかかるため、もう1人多くなりその分費用がアップします。

 

費用がアップするからといって内緒のまま当日を迎えても、結局予定よりも大幅に時間がかかって結局追加料金がかかることもあります。
見積もりの際は正直に記入しましょう。